わたしの好きな物

mashhy85.exblog.jp
ブログトップ

身にしみました

FBで見つけて、しみじみ、そうだそうだと。でもなかなか優しくできない。
食事は作るし、洗濯もするけれど。

[PR]
トラックバックURL : http://mashhy85.exblog.jp/tb/25066473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Paddy111 at 2016-03-23 15:10
masshyさん、先ほどから何回も視聴させてもらい涙が止まりません(:_;)
「親の《老い》を受け入れる」。。。  
わたしも悲しいけど実父のその現実を受け入れる時がなんだか急にグッと近づいて来てしまったここ数日だから、視聴させてもらって泣けて泣けて(:_;)

大切な存在のひとりひとりが周りからいなくなっていっていってることが不安で、すっかり前の父じゃなくなっちゃっているんだけど、この世とあの世がある以上、それぞれが老いて車の運転もできなくなっていってしまう以上どうしようもない現実なのでどうしてもあげられないんですよね(/_;)
「言葉が咄嗟に出なくなっても心の中にはちゃんとあるということ」  うーーん じーんと来ました(:_;)

タイミングよくありがとうございました!
最後まで優しくしてあげられるようにしたいです。
それにはまずこの「老いるということ」をしっかり頭にいれなくっちゃのわたしです(*^▽^*)
ありがとうございました!
Commented by masshy85 at 2016-03-23 19:51
paddyさん、全部分かるのよね。
でも素直に受け入れるのは難しいものですよね。
優しくするのは毎日一緒だと難しいですよね。
Commented by hanalove87 at 2016-03-23 23:40
うんうん、老いた親を持つ身にはジーンと来るね。
また生まれてきた頃に戻るって思ってる。
そして自分も遠いいつか同じようになるんだろうなと。

悲しいけど80年も90年も使い続けてくれば
体だってほころびてくるよね。
いつまでも達者でいて欲しいけどそれは不可能だし。
老いは汚くも悲しくもないって思います。
Commented by masshy85 at 2016-03-23 23:47
ハナオンマさん、一番きついのはトイレの失敗。大ね。
母も骨折マニアでなければ、もう少し、楽なんだろうけれどね。
これ、全部当てはまるから、年を重ねるって切ないね。
自分のすぐ先を見せられてることもあるからね。
わたしは目が危ないから、気をつけなちゃ!
Commented by osakaken at 2016-03-31 05:57 x
あなたもいつか こうなるということ・・分かっているけど優しさを 孫と過ごす時のように分かち合えない。
悲しい現実から目を背けたくなる思いです。

7日から福岡へ行きます。その前に 読ませて頂き 良かったです。優しくなりたいと 思いました。
Commented by masshy85 at 2016-03-31 09:00
osakakenさん、ひとつひとつ、納得ですよね。
でも毎日一緒だとなかなかです!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by masshy85 | 2016-03-21 23:35 | 介護 | Trackback | Comments(6)

なんちゃって農家振りとお星様になったヨークシャテリアのアニスの思い出仕事について書き綴ります


by masshy85